9112. スウェーデンでは軍隊が出動

隣国にも助けを求める有様です。うちにも大阪民国ってのがあったっけ?

疲弊した医療従事者が次々と辞めていく、これ日本でも起きますよ。冬のボーナスが下がった人がほとんどだから。やってらんないって思っても普通。

4月の時は、医療は特別扱いでした。みんなが「頼む、頑張れ、大変だけどありがとう、自分らも出来る限りの協力をするから耐えて」って思ってた。

でも、今は違う。kーざい様が医療を踏みつけにしてるとみんな感じている。だったら、ちゃぶ台返がしたくなっても不思議はないです、だって、自分の命を危険に晒してまでやるモチベーションは「感謝」の言葉しかないのに、感謝されるどころか恨まれてたら、心折れますよ。

宮沢さんは集団免疫を自然に感染して獲得しなければならない教のようです。

それ、狂った考えだと私は思います。

ワクチンができて、どれだけの人が救われたか、ウイルス学者の癖に知らない。

先送りの何が悪いでしょ? 今はパッとしない抗ウイルス薬でも、切れ味の鋭いのが出てくるかもしれないのに、なぜ、ウイルス学者が研究の進歩を期待しないのか?

それは、自分がそういう研究をやってない、やってこなかったからです。

だから、製薬会社を敵視し、陰謀論にハマって行くんですよね。

「いずれは感染しなくちゃならないんだから」ともりよさんも言いますけど、感染を避ける方法があるのだから、感染しないで逃げ続けているうちに、普通の風邪みたいに馴化することを私は期待しています。

OC43が1889年から1890年ごろに流行した時、世界で100万人が亡くなったと推定されています。風邪のウイルスに落ち着くのに5年かかったようです。

私は一生逃げ続けてやるって思っています。感染しなくちゃならないって誰が決めたんですか?