9040. 焼け野原になったのは某ウイルス学者の見識の方です。

これまでのレトロウイルス(ただし動物の)の研究者として200を超える英語論文は、ニッチ産業としては華々しいものだったはずなのに。

一生かけて築いてきた業績を、わずか半年で焼き尽くすとは、無慈悲な守護霊様もいたもんだ。

endogenous retrovirusは、もはや感染性を失った化石ー痕跡でしかないので、いくら研究しても科学ロマンの世界で実学ではないから医療の役には立たない。(ブタのは、異種移植では問題になるかもしれないが)

だから、世間が落ち着いて税金をいっぱい納めてくれる世の中でなければ、道楽のような研究は許されない。

もう、今度の再任審査は通らないと諦めて、私大へ「知名度」で売り込む戦略に変えたのだろう。

本の売り上げを生活費に回す必要のあるバブ先生が、己が無謬であると装う必要があるのと同じで、もはや私欲のために「言論」を使ってるとしか思えない。

無私の心で、患者に献身している医療従事者の足を引っ張ってるのが、私欲のために声の大きい暇人なのが悲しい。