8988. マーケッターの読みから感じられる

ほのかな換気にじわっと、あったまる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a89a155c17e76be65346d0345e511154c1bbddc4?page=2

ネックウォーマーなど防寒着の売り上げが、昨年に比べて30~40%アップしています。今後、本格的に寒くなってくると、さらに売れるのではないでしょうか」  なぜ今年は防寒用品が売れるのか。コロナ対策で室内や社内の「換気」が重要視されているからではないかと私は考えています。オフィスや自宅、さらに通勤の電車では窓が開放されているため、普通の冬より寒い。先のコンビニ関係者は「カイロの売り上げも好調です」といいます。さすがにマスクまでとはいかないでしょうが、こうした防寒グッズに高い“屋内需要”が生まれつつあるのが、コロナの冬の特徴といえると思います。

週刊新潮WEB取材班編集2020年12月6日 掲載

こちらにはCO2モニタリングが紹介されてます。

UVとヘパフィルターを持ち出してきた宮沢先生が、CO2モニターに触れるが早いか?

それともパトランプや宮大工に作ってもらった空気清浄器が出てくるが早いか?