8929. 中間宿主の存在をお忘れでは?

インフルエンザがわかりやすいですが、鳥から人には直接は来ません。レセプターの糖鎖の構造が微妙に異なっているからです。ところが豚は鳥のウイルスにも人のウイルスにも感染するので、豚で人間に対する感染性を獲得して新型を作り出しました。

SARS-CoV-2も、おそらくは、コウモリから一旦、センザンコウか何かに入って、そこでFurinサイトを進化させて、人間に感染できる能力を獲得したと考えられます。

(日本のキクガシラコウモリのウイルスは人には感染しないことを、東大の獣医が突き止めています)

ミンクが、中間宿主となる可能性は十分に考えられたので、デンマークは産業そのものを潰すことを決意したのです。

動物の壁を越えるだけの変異を、RNAウイルスは変異しやすいので、emerging virusは、須くRNAウイルスなのです。

お忘れですか?

確かに、昔のワクチンは弱毒化するために、異種動物(マウスの脳など)に接種して、弱毒化させました。しかし、HIVは、レッドキャップマンガベーからのSIVがチンパンジーで変異して人間にも感染するように変わったものだと、まさか、お忘れでしょうか?