8926. 234vwvさんへ

(コメント続きます)

8920+. 8914続き(追記あり)

ここのSEIRのm=0と等価ではありません(等価にすることも可能ですが)
https://ja.wikipedia.org/wiki/SEIR%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB

エクセルモデルには軽症→重症と重症→軽症の両方の遷移確率を入れてあります。
SEIRではS→E→I→Rの流れですが、エクセルモデルではI→E(重症→軽症)とE→R(軽症→治癒)の確率も入れてあります。E→Rを多くすることでDに繋がるI行きを制限しています。軽症コロナ治療薬がでてくると、軽症→重症
(E→I)を減らすことができて、I→Dが結果的に減ります。
他にもRから一定割合でSに遷移する項を入れたら面白いかな?(免疫が失われる項)これは普通のSIRに入れるのが素直でしょう。そうすると最後はSIRの比が一定になって収束しそうです。やっぱりつまらないかな。nステップ前のRに比例する割合で遷移、だと収束が遅れるかな?
他にアイディア、リクエストありましたら反映していきたいです。
この手のモデルの実装は時間がかからないので(エクセルシートの関数の簡単さ見たらわかります)他の方もどんどんチャレンジしてほしいです。一つの遷移項を反映するには、エクセルの2つのセルに項を足し引きするように入れて、あとは下にコピペするだけです。もっともらしいパラメタ探すのがちょっと面倒ですけどね。
M先生もエクセルモデル作りやりましょうよ。せっかくアイディアあるみたいですし、遠慮しないでください。

ストークスの定理ですか、学部の電磁気学の授業でありましたね。

(以上、ありがとうございました)

M先生は、職場で揉めたんじゃないでしょうか? 

もう目玉焼きモデルの論文なんて書けないんじゃないかな?

SARS-CoV-1と2が同じだとすると、致死率は30%になりますが、よろしいですか?

SARSの場合は、発症後の人しか感染力がありませんでしたから、封じ込めが可能でしたが、SARS-CoV-2は発症前の方が感染力が強いとされてます(最近では)。だから、感染対策はSARSとは大きく、異なるのです。

SARS-CoV-2のSタンパク質には、furinのcleavage siteが存在します。これによって、インフルエンザに例えれば、F0がF1-F2に既にcleaveされたような状態に近く、感染力が高いウイルスに進化しています。

感染力が高いというよりは多臓器に感染するタイプと言ったほうがいいかもしれません。

ウイルス学者なのに、SARS-CoV-2特有の事象を全く勉強してないことが、よく分かります。