8901. 厚生省の退院基準を復習してくださいとのことです

今でも無症状の人を無駄に入院させてると思ってる人へ。

8855. 現時点の退院基準を知らない宮沢先生

8433. 軽症者の退院基準

8389. 周回遅れの議論

日付をよく見てくださいね。令和2年2月6日健感発第 0206 第 1 号厚生労働省健康局結核感染症課長通 知。同年6月 25 日最終改正。

宮沢先生が、いかに無知で無駄に騒がしいか。専門家を名乗るならば、厚生省の通達ぐらい知っててください。

ちなみに10月24日以降は入院も基礎疾患のない若い人は必要でなくなっています。(自宅療養可)

___________

都道府県
各 保健所設置市 衛生主管部(局) 御中

特別区

事務連絡 令和2年11月25日

厚生労働省健康局結核感染症課

     感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における
     新型コロナウイルス感染症患者の退院の取扱いについて(再周知)

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成 10 年法律第 114 号) における新型コロナウイルス感染症の患者及び無症状病原体保有者の退院の取扱い(以下 「退院基準」という。)については、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関す る法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いについて(一 部改正)」(令和2年2月6日健感発第 0206 第 1 号厚生労働省健康局結核感染症課長通 知。同年6月 25 日最終改正。i)においてお示ししているところです。

また、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウ イルス感染症患者の退院の取扱いに関する質疑応答集(Q&A)について」(令和2年7月 17 日付事務連絡。同年8月 21 日一部改正ii)6において、お示ししているとおり、国内外の 知見によると、発熱等の症状が出てから7日~10 日程度経つと、仮に PCR 検査で陽性であ った場合でも、感染性は極めて低くなることがわかっています。

今般、新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中においては、医療資源を可能な限 り効率的に活用して頂くことが重要であることから、改めて退院基準について、貴管内市 町村、関係機関等へ周知いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

(参考)【退院基準】(有症状の者)
1発症日から 10 日間経過し、かつ、症状軽快後 72 時間経過した場合
2発症日から 10 日間経過以前に症状軽快した場合に、症状軽快後 24 時間経過した後に

核酸増幅法又は抗原定量検査の検査を行い、陰性が確認され、その検査の検体を採取 した 24 時間以後に再度検体採取を行い、陰性が確認された場合

※ 国内外の知見によると、発熱等の症状が出てから7日~10日程度経つと、新型コロナウイルス感染者の感染性は急激に低下し、PCR で検出される場合でも、感染性は極 めて低いことがわかってきています。よって、発症日から 10 日間経過し、かつ、症 状軽快後 72 時間経過した場合には、2回の PCR 検査の結果、陽性であった場合であ っても、感染性は極めて低いため、退院可能としていることを、改めて申し添えま す。

i 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院及び就業制限の取扱いにつ いて(一部改正)

ii 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律における新型コロナウイルス感染症患者の退院の取扱いに関する質疑応答 集(Q&A)について」(令和2年7月 17 日付事務連絡。同年8月 21 日一部改正。)

2020年10月14日 新型コロナウイルス感染症を指定 感染症として定める等の政令の一部を改正する政令(令和2年政令第 310 号。以下 「改正政令」という。)及び新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等 の政令第三条において準用する感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関す る法律第十九条第一項の厚生労働省令で定める者等を定める省令(令和2年厚生労働 省令第 172 号)が公布され、令和2年 10 月 24 日から施行される。

2 改正の内容
指定令第3条において準用する感染症法第 19 条及び第 20 条の入院の勧告・措置

の対象を、以下(1)及び(2)の対象者に限定することとする。

(1)65 歳以上の者、呼吸器疾患を有する者その他の厚生労働省令で定める者 具体的には、以下のいずれかに該当する者である。
1 65歳以上の者
2 呼吸器疾患を有する者

3 上記2に掲げる者のほか、腎臓疾患、心臓疾患、血管疾患、糖尿病、高血圧 症、肥満その他の事由により臓器等の機能が低下しているおそれがあると認 められる者

4 臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他の事由により免疫の機能 が低下しているおそれがあると認められる者

5 妊婦
6 現に新型コロナウイルス感染症の症状を呈する者であって、当該症状が重度又は中等度であるもの
7 上記1から6までに掲げる者のほか、新型コロナウイルス感染症の症状等を総合的に勘案して医師が入院させる必要があると認める者
8 上記1から7までに掲げる者のほか、都道府県知事が新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため入院させる必要があると認める者