8825. 私はツイ廃

アル中と同じ症状になるんだろうか?

なんか怖くなってきた。早くコロナ終われ!

まず、第一は「否認」である。何ごとも認めようとはしない。特に人の言うことなどは頭から否定してかかるという心の構造がある。これは、ことばをやわらげて言えば「すなおさがない」ということに尽きる。それは独断と独善である。そこにある現実を認めようとしない。飲んで真赤な顔をしていても「飲んでいない」と言いはる。認めようとはしないのである。すべてが「ごまかし」であり「嘘」になってしまう。しかし、その嘘に対して良心の呵責になやむどころか、嘘が成功したと秘かにほくそえんでいる。

第二の精神構造は「現実逃避」である。そこにある現実から目をそむけてしまう。現実を直視しようとしない。直視することがこわくもあり、めんどうでもある,それはある意味で精神的な弱さである。特に困難なことやめんどうなことからはサッサと逃げてしまう。

 第三の精神構造は「自己中心]である。赤ちゃんのように我がまま勝手に泣いてみせる姿はおとな社会では許されない「自己中心」の姿である。おとな社会では常に客観的にもの事を考えなければならない。すなわち、周囲の人々のことも考えて行動しなければ、おとなとは言えない。
 しかし、酒を飲んで酩酊している世界は、まったく一人だけの世界で、自分一人が酔って、いい気分になっているのだから、はた迷惑なことである。自分だけの脳が麻庫して赤ちゃんのような世界で生きているから、赤ちゃんのような「自己中心」になってしまっても決して不思議ではない,赤ちゃんのような我がまま勝手は、周囲の人々にとって、とても許しがたい苦痛を味わわされることになる。

 第四の精神構造は「刹那主義」である。すなわち、過去や将来のことを考えず、目前の快楽を求めようとする姿勢である。要するに今さえよければ良いのである。前後左右が見えなくなる。考えようともしなくなる。だから自分自身が見えなくなる。見ようとしないと言った方が当たっているかもしれない。