8808. キレ芸は期待通り

番組の最初の時点から、ひろゆき氏は「笑顔」を見せてました。

蛇が舌をチロチロさせてるようだと私は感じました。

獲物は宮沢先生で、どうやったらキレさせるか? 自分の手腕を誇る最高の場で、どう自分を見せるかを期待に目を爛々と輝かせてると私は思いました。

番組的には美味しい展開だったのでしょうね。マスコミに使い捨てられる専門家が、哀れでなりません。

ヤフーのコメント欄では、ひろゆき氏のしたたかさを良く知る人たちのコメントが目立ちました。2チャンネルを訴えられても賠償金をばっくれてる強者に、ナイーブな宮沢先生が、なんの武装もせずに挑むのは愚の骨頂で、「美味しく料理」されてしまっただけなんです。専門家なら専門家らしく、データで武装すべきだった。