8748. 一巡すれば終わる?

「クラスター対策なんてしなくても自然に上がって、自然に下がる」って言ってましたよね。「このウイルスは一般ピーポーの間では広がらない。必ず下がる、遅かれ早かれ下がる。」って「楽観論」を広めてましたよね、私、動画を持ってますよ、

8073. 断言する専門家2

K値は、上がっていく初速で高さを計算して、勝手に下がるピークアウトの日を計算できると言って回ってましたけど、波を次々と重ねて、「下がり局面」になるまで、ずっとずらし続けるものです。下がり始めた局面においては「減衰曲線」に乗るって意味しかない、どうやって下がる局面に持っていくか?についてはK値は無力。「上がり局面」においては、日々、外れ続ける。

小さな集団ごとに「集団免疫」が成立して止まるって考えは、まさにSIRモデルなんだけど、私はクラスター対策で「隔離」して集団を囲い込んで延焼を止めてるんだと思っています。

それでなければ「ロックダウン」しなければならなくなると思っています。

中国は都市単位でクラスター潰しをやっている。

フランスは、「都市単位」でロックダウンをやった。(パリ封鎖してピークアウトさせた) 弘前市だって同じです。

動画では「このへんは、賛同する人はほとんど居ない」って自覚はあるようですけどね。

中野さんのK値が「発信に役に立つ」のは、ピークアウトする日があと少しで来るから、今のままでいい、狼狽えるなと言う根拠が、そこにしかないからですよね?

「ビクビクだったわけですよ、クラスターは無意味だよって言いたかったんだけど、世論の圧力で言われてて、一生懸命考えたんですよー無い頭でさ。このウイルスが1984年だったら、こうなってたでしょうね?って物語にしたんですよ。1984年、RT-PCRが無い時代にこの病気、乗り切れなかったんですか?って言ったら、ほとんど混乱なく乗り切れたはずなんですよ。PCRのせいで、こんなになっちゃったんですよ。PCRのせいで大混乱しちゃった。」

K値を信奉し、何もしなくても勝手に消えると関西のテレビに出て、いい続けた。この夏の第二波で、大阪が一番、成績が悪かった。勝手に消えたりしなかったよ、維新が最後はミナミに営業自粛を要請して止めたんだ。

軽症の人を入院なんてさせてません。中等症が入院、あとは療養になってるの、読めますか?

PCRなくても人類は乗り越えてって、誰かが「死ぬ」のを嫌な思いをして、見てたんですよね。酷いインフルエンザだったとの記憶になってるけど、後からアレがOC43だったと判明した話。

OC43も1890年に人類に入ってきたとき、世界で100万人が死亡したと想定されている。

新型コロナでは、まだ24万人しか亡くなってない。まだ集団免疫には達して無いだろう。

 人がバタバタ死んでる中で、人は気楽に飲み食いして楽しむことができるだろうか?答えはNoだ。(中等症の人にヘパリンの点滴で血栓を止めなければ、脳卒中や心筋梗塞でバタッと倒れて死ぬんジャー、酸素吸入が間に合わなければ台所で気づいたら奥さんが死んでたNYの状態になる。)そんな状態で、人が怯えなかった訳が無い。

早めに、地域限定してプチロックダウンした方が、ゼロにするまでの時間が短くて済むってことを欧米は学びつつある。

日本では、絶対にやってはならない政策になりつつあるのは、西浦叩きを続けた人たちのせいだと、悔しく思う。