8732. クライテリオン7月号

古い記事だけど、持ってなかったから格納しておきます。

この頃が、一番、ドヤ顔して輝いてた頃だよね。顔がツヤツヤしてる。

宮沢孝幸:ウイルス学の常識があれば、 新型コロナは怖くない~「1/100作戦」こそ防疫の要諦~(『表現者クライテリオン』2020年7月号掲載)

私は「一/一〇〇作戦」というのを提唱している。新型コ ロナウイルスの場合、感染門戸(目・鼻・口)に付着するウ イルス量を、ピークの一/一〇〇にすればよいということだ」

と書いてしまってる。ノロウイルスを引き合いに出した直後にね。

airborneの可能性を考えず、接触感染を重視して「防御」理論を組み立てた、恥ずかしい歴史の記録だ。

今は痩せてるのに顔は浮腫んでる。そりゃね、大阪会議の責任を普通は感じるよね、意識してない忘れてても死者の恨みは空気に残るものよ。