8702. コペルニクスに俺はなる

私はエアボーン先生とは異なり、飛沫>エアロゾル派ですが、飛沫が小さくなってエアロゾルになるから、発生源の飛沫をユニバーサルマスクで減らすのが合理的。検温しても「未発症の人」が感染源になることがわかってる以上は、誰でもが感染してるかもしれないと思って行動するコペルニクス的発想の転換が必要。

宮沢さんが言わなくなったので、私が代わりに言っておく。

しばらくは#コペルニクスに俺はなる!を締めの言葉に配置します。

山が上がって下がるのは、誰もがみな、知っている。

発散して下がらないモデルがSIRモデルだとは言わせない。

自然に下がる?それは違う。人が行動を変えるから下がる。クラスター追跡をやって、感染している可能性のある人に「制限」をかけるから下がる。

保健所の努力を「無視」するんじゃない。この大馬鹿ものめ。

行動を変えて欲しいから、クラスター追跡をして、「どこでどうやって発生したのか」を突き止め、最も効果的に変えるべき行動が何かを探り出し、三密 avoid 3Csというメッセージに込めた。闇雲になんて、誰も言ってない。

人数制限は、「換気が不十分」で「市中の感染率が上がってきた」場合には、どうしても必要になる。

100%(の客を夏の間に)入れておけばよかった? 何をおっしゃる。あなたが7月にK値を喧伝し、「勝手に下がる、何もしなくても下がる」と言い続けたから、野球場に100%の客を入れられなくなったんだ。

経済を回せ派は、ノーガード派によって背中から撃たれている。ノーガード派が勢い付くようになったのは、「自粛は要らんかった」と言わせるように仕向けたイソジンとその芝居の相方を努めたお二人のせいだよ。