8655. 17万フォロワー

宮沢先生のフォロワーは京大の肩書きに釣られた人ばかりではないと思う。

3月末の「とっとと感染しちまえ」ツイートは、「ユニバーサルマスク」の概念を広く知らしめる意味で、医クラもこぞって歓迎した。私自身も宮沢先生をかつては支持していた。

自分が感染することよりも、「無症状で感染している」可能性を考え、検査に騒ぐことなく(PCRの陰性証明は無駄でしかない)いつでもどこでも誰もが「感染を広めない」行動変容を促す「コペルニクス的発想の転換」は、とても理にかなっていた。

彼は理解してると思う。

だから、あれを今でも麗々しく固定ツイートにあげている。今では、完全に「看板に偽り」有りなんだけどね。それでも騙せる人は騙せるから。

騙されてくれない医療クラスターは、すっかり宮沢先生に興味を失くした。

一方で、ワイドショーで取り上げられるようになったのは「京大」の肩書きのため。

維新に使われたのは、彼の「御座敷がかかれば断らない」芸者魂ゆえ。

でも、ファンはそんなこととは関係なく、宮沢先生のキャラを愛でて「支えたい」と思っているのだと言う主張も、わかる。

純粋な科学者って、こんな感じだよねぇってイメージにぴったりの、愛されキャラなんですよね。まるで少年のようって魅力を私は否定はしない。おばさまファンが追っかけに変身し、サインや写真をねだるのも、わかる。

ただ、いつまでも子供に付き合ってはいられないのも事実。

半年の間に、科学の世界は進んでいる。

reverse geneticsは、神谷先生だけでなく松浦チームも成功したし。

8337. 新型コロナのreverse

人工抗体なんて、トランプ大統領にいきなり使われてるし。

マスク実験は河岡研がやってるし。

研究の世界で半年の遅れは致命的だ。

10月から「辻褄合せ」のように新型コロナの研究をスタートさせたようだけど、私は「流行はやらない、宮沢らしい研究がしたい」と言ってた方が良かったと思う。

7563. 流行りはやらない

でなければ、「新型コロナも普通の風邪と同じだ、恐ることはない」って言ってる言葉と、矛盾することになる。

最近の宮沢先生のツイートは「魂」が抜けているように思う。

夏のパフォーマンス(K値推し、集団免疫推し)が、冬の実情に合わなくなる気配を感じて、元気を失くしてると感じる。本当は、ここらで潔くフェードアウトがいいのにね。ファンの人、わかってやれよと思う。

講演会やらテレビ出演やら、よしりんライブやら、本当に思っていることと、やってること(リクエストされること)の間の解離が、どんどん酷くなると辛いだろうに。

嘘つき続けてると、いくらお鈴を鳴らしても、功徳は積めません。