8650. 和歌山モデル

を、首都圏東京で出来るとは思えないから、和歌山を見習えと言うつもりはない。

退屈してモンスター患者になることも鑑み、無症状の人は自宅療養でも構わないと私は思っている。

しかし、武漢からのチャーター便が発症は半数に止まることを知らせてくれたように、ダイヤモンド・プリンセスが「無自覚でも肺炎CT画像」を見せてくれたように、和歌山の追跡調査が「軽症の人のその後」を予測してくれることにもなる貴重なデータになる。

コントロールのないイソジンや、当たらないK値、コロナ放置の都構想などの大阪に比べたら、和歌山は観光客が少ない分、地域に根ざした丁寧な公衆衛生・感染対策をやっている、誰がアドバイスしてるのだろうか?