8581. 白猫ファンにも色々

ありまして。

仕切り屋のいないところで自由な交流を。

余命事件の時もそうですが、「脱会」すると嫌がらせを受けると思って逃げられない人、黙ってる人などいました。でも、案外と多くの人が同じようなことを思ってるのだと可視化されると、「怖くなくなる」んですよね。

脱会者に対して「去るものは追わず」でいられないのは、それだけ勢いがなくなってる証拠なのです。日の出の勢いの時には「代わりはいくらでもいる」わけで。

そう気づけば、自由になれます。あそこは好きだけど、ここはちょっと、ってのが人間の好き嫌いの普通ではないですか?