8514. プロが選んだ三人の研究者

に宮沢氏は入らず。

__________________________

「ウイルス学若手研究集会2020 ~いいかコロナウイルス、1000倍返しだ!~」 

科学技術が飛躍的に発展した今でもなお、コロナウイルスに対する対策はsocial distancing。ウイルス研究者としては、何とも悔しい。コロナウイルスに限らず、様々な病原性ウイルスの狡猾な立ち回りに対して、もどかしい思いを抱いている方。あるいは、コロナ禍で善玉ウイルスにまで風評被害が及びそうで、切ない思いを抱いている方。ウイルス研究を始めてみたいけれども、タイミングをつかめずにむずむずしている方。

そんな多分野の若者同士で力を合わせ、悔しさを1000倍返しに(ウイルス学の発展に昇華)しませんか?

基調講演では、三名の先生方の異なる視点から、コロナウイルス研究についてご講演いただきます。コロナウイルス研究を題材として、今後のウイルス学全体のあり方(多分野融合の可能性など)を模索する機会にしたいと考えています。

(中略)

基調講演『コロナウイルス研究を通して考えるNextウイルス学』・神谷 亘 先生(群馬大学大学院医学系研究科 教授)・中川 草 先生(東海大学医学部 講師)・古瀬 祐気 先生(京都大学ウイルス・再生医科学研究所 特定助教)

(以下、省略)______________

8120. あれは伝説

8197. ちょんまげ先生

神谷先生は群馬に移ってしばらくBSL3の立ち上げに苦労されていたが、話ができるだけのデータが揃ったようで、よかったよかった。

変な使命感。実はこれが一番困ります。

変な使命感。実はこれが一番困ります。

変な使命感。実はこれが一番困ります。

大事なことなので3回、コピペしました。