8311. 三密から密閉を除外するな

CDCの言ってるのは、そーゆーことです。何も以前と変わらないwww

ただ、優先順位は明らかに変わる。接触感染の比重は下がったと見て、間違いない。

8209. 閾値が感染ルートで異なる

接触感染について

環境表面やモノに触れた際にウイルスが付着した手で口、鼻、眼に触れて感染することはおこり得ますが、頻度としては低いという見解は変わっていません。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sakamotofumie/20201007-00199431/

え? 比重は変わってないのかー(棒)

どっかで「目鼻口さえ触らなかったら100% 感染しないのに、それを広めてない政府が悪い」って、激怒してるおじさんが居たっけなぁ。

頻度の低い感染経路を遮断したくらいでは、感染は制御できません。

「ほら、俺の言った通り、手なんて石鹸で洗わなくてもいいんだよ」って勝利宣言してしまうおじさんも居るんだろうなぁ。『手の洗い方解説』を除いたら、何も残らない100分の1作戦なのに。

この人なんかは100分の1作戦が接触感染重視だった「生き証人」のような存在です。

政府の発表する「新しい生活様式」で国民は馴染んでるから、別に今さら、CDCはどーでもいいのです。ソーシャルディスタンスは必要です。特に、密閉空間における人数制限は、この冬には必要。衛研のPCR検査の中の陽性率が上がってきた地方では、入れ物にいれる人数が増えれば増えるほど、感染者が紛れ込む確率がゼロではなくなりますから。

3月末のユニバーサルマスクの概念の上で「うつることより、うつさんことを」と言った宮沢先生は正しかった。彼が狂ったのは、西浦批判のチョビ髭の山車に使われたからだろうなぁ。

大阪会議の茶番のために、マスク外しのパフォーマンスを行い、K値で「自然に上がって下がる、クラスター対策しなくても下がる、自粛は必要ない」って言って回ったのは、イソジンのためだったんだし。御用学者に成り下がった彼は、ウイルス学者の面汚し。距離を置かれるのも仕方ないでしょう。

(岡田女史よりも遥かに比べ物にらないくらいに立派なウイルス学者なのに、つくづく勿体ない。私は宮沢先生の「動物の」ウイルスに対する幅広い見識は、リスペクトしてます。「人間の」病気であるCOVID-19については、臨床検査も含めて完全な素人だと思いますがね。感染研のマニュアルすら読んだことがないって、Ct=42をカットオフだと連呼したことからバレました。)

水でも出てくるSYBR-Green 水では出てこないTaqman この2つの違いも分かってない。 もう時代について来れなくなってるロートル研究者は黙ってて欲しい。SIRモデルだって、全く理解できてないでしょ?

100分の1作戦では、換気の仕方を「手洗い」ほど詳しくは説明してないですから、情報を補っておきますね。

8259. パトランプよりCO2センサー5

CO2濃度は換気の可視化に使われますが、絶対値については機種依存のところがあるので、換気の効果(下がる)を実感する「変動」を見るために、ご使用ください。