8285. 研究者の憂鬱

素人の信者には見えないと思うけど、10月から「新型コロナの研究」を始めた宮沢先生は、本当に幸せだろうか?

研究って、超ブラックな職場です。特に新型コロナはBSL3施設を他のグループとシェアしながら、実験を行う必要があり、時間のやりくりに苦労します。

どこよりも強いアメリカと中国に感染者が集中し、知見が6ヶ月は先行し、日本は臨床サンプルを手に入れるのにも苦労します。

先行研究が多い中で、臨床との繋がりのない獣医さんが本領を発揮しようとすれば、動物実験となり、さらに動物の管理などという「臭い」汚い作業にも耐える必要があります。獣医さんだと平気かもしれませんが・・・

色々の謎が解けて来てもいる。治療も進んできている。

果たして、宮沢先生が後から参画して、どれだけの成果が上がるか。

素人さんは騙せると思うけど、すでにアンチと化した医療系の人の目はごまかせません。これまで、散々、「専門家ではない」と他のウイルス学者をdisって来たんですからね、お手並拝見って厳しい目で見られますよ。論文化するまで、針の筵。

なんで、レッドオーシャンに手を出すかなぁ。