8284. HHV-6と鬱病

HHV-6は乳児の突発性発疹として、ほとんどの人が感染しているヘルペスウイルスです。

全員が感染しているヒトヘルペスウイルス6の遺伝子がうつ病の原因となるたんぱく質を作っていると発表しました。SITH-1と名付けられたたんぱく質は疲労やストレスで増え、うつ病患者の8割が影響を受けていて、血液検査で調べることができます。

誰もが感染してても、誰もが「うつ」になるわけではない。

新型コロナは、ヘルペスのように神経に持続・潜伏感染するものではないので、同じようなことにはならないと思いたいけど、わからないんだよね。CFSやMSの原因のウイルスとして、よくRNAウイルスが仮定されるから、COVID-19の既往のある人の方が「うつ」になりやすいってなってもおかしくない。

気をつけてても運が悪ければ感染する時はするのだけど、取り込むウイルス量が少なければ、あらゆる意味でメリットがある。手洗い・マスク・換気を忘れずに、今年の冬を乗り切りましょう。来年になれば、薬剤が発達して来て、また違う世界が見えますから。