8181. 宮沢先生、小柳所長をdisるの巻

10月から新型コロナを扱うスタッフが来ると思って、強気の宮沢先生。

「ただの風邪」「流行はやらない」はずが・・・・・やはり「新型コロナ」を自分では扱ったことがない「専門家」が、マスコミに出続けるのは具合が悪いと考えたのだろう。

でもこれで「人工抗体」1−2ヶ月で試作品が出来ますね。

バックグラウンドが獣医と医師だと、見える世界は全く違う。新型コロナはコウモリでは病気を起こさないけど、人間だと肺炎から血栓症を起こす。老齢の動物はいないけど、日本人は世界一の高齢者が密集している社会的動物だから、そりゃ獣医と医師は考えが異なる。

獣医の間の常識を医療に持ち込まれてもねぇ・・・・・人間は「殺処分」で処理できるわけじゃないんだけど。