8145. ゴキブリホイホイ2

アルファツイッタラーはリプ欄を放置すると、荒廃が進みます。

8142. ゴキブリホイホイ

宮沢先生がリプする人をかたっぱしからブロックしまくった結果、スレッドでの議論がなくなり、宮沢先生に勝手に「自己の意見を投影するだけの場」になりました。結果として、他で叩かれまくった魑魅魍魎が最後の逃げ場として使うようになったのが、今の宮沢信者らしき集団です。

「先生を信じていたわけではなく反自粛・ノーマスクを言ってくれるなら誰でも良かった層」これは池田・永江一派ですね。ホリエモンは大物だけのことはあって、峰先生や我妻先生との対談を通じて教育されてますので破綻したことは言いませんが、永江くんのためにドロッポ医が宮沢先生と関わっています。

すでに「新しい生活様式」を正しく実践中

今の宮沢信者の多数を占めてる永江一派を相手にするのは、大変でしょうね、冬にはコロナが流行すると分かってる人には、前門の虎後門の狼。

他にもよくいるのが、コロナのPCRは他の病原体を拾ってるだけだと主張する「大橋派」 論外中の論外で、流石に誰もが一緒にされたくない人たち。触るな危険。排除しないと場が汚れる。

「集団免疫は成立してるんじゃー」たちは、上久保先生と宮沢先生の対談を夢見て付き纏います。断るのに苦労しますよね、だって同じ京大で、あっちは特任教授ですもん。でも、S型(武漢型)はまだしもK型って何?って「k値」の宮沢先生は面と向かって聞く勇気はないでしょう(G型は欧米型、今の日本の東京埼玉型も含む)

自然免疫信奉者は、高橋泰先生を出してくることが多かったのですが、七段階モデルは使い勝手が悪いのか、複雑すぎて理解できないのか、最近では言われなくなりました。

一時期「核弾頭」と言って永江くんが喜んで持ち出した東大の児玉名誉教授はいつの間にか「 PCR拡充派」の本音から、国会で「このままでは日本がNYになる」と涙を流して「コロナ脳になってしまった」と触れられない存在になりましたので、宮沢先生の所には湧いて出ないようです。

宮沢先生はPCR拡充には反対ですしね。PCRのなかった時代に戻りたい人だから。(その割にLAMP法を売り込んだり、自分で抗原検出キットを作ると言ってみたり、商売っけだけはあるようですが)

結局、純粋なる宮沢信者=コロナが怖くて何も出来なくなるほど精神的に病みやすい情報弱者で、100分の1作戦で気持ちが楽になった宮沢先生に救われた!って人は、実に少数であったというのは、ある意味、日本人の「胆力」を示すようで楽しいことだと思います。

今、各社が迅速診断法の開発を急いでいます。エプスライン(富士レビオ)が出す偽陽性問題も、「増感法」を使わなければ解決できるようになりますし、唾液に急に適用させて非特異反応を抑えきれてない欠点も、いずれ補うことができるようになります。そうなるとPCRも LAMPも要らなくなる、今のインフルエンザ診断のような手軽さで使えるようになるのに、あと半年から一年ぐらいってところでしょうか。(感度を上げるのに各社苦労してる)

私がこの冬を乗り越えたら、違う世界が広がる、あと少しだと言ってるのは、そういう意味もあります。タミフルのような外来で飲める薬もいずれ出てくるでしょうし。(点滴のレムデシビルは噴霧型に転換中)

「流行はやらない」「宮沢らしいと言われる研究がしたい」って武田氏との対談で言ってた宮沢先生、普通の風邪と同じって言ってる宮沢先生は人工抗体は作れたんでしょうか?

もう冬が来ますよ、試作品の完成はいつですか?1−2ヶ月で出来るって言ってましたよね? 

7907. 独法化後の大学教員

もり様派を発見!

もりよ様はスポンサーであり盾だったから、これは大変だろうなぁ。