8082. 「大罪である」

と書いたのは、藤井教授だよね。

「大罪」と断罪せざるを得ない・とね。

大阪会議のアドバイサーとして「マスク外しのパフォーマンス」と「緊急事態宣言は要らなかった」、その後、ずっとk値がはずれてても当たると言い張り「自然に何もしなくても下がる」を言い続けて、人口が少ない大阪の方が、東京よりも多い重症者を出し、今でも病棟が大阪だけは埋まっている。

この状態で冬に突入したらヤバいよ。

万死に値するのは、誰?

もう、黙ればいいのに。

そうしたら安眠できるよ。

あなたの言葉を真に受けて出歩く若者のせいで感染する人は「永眠」だけど。

当然、言われるよ。「専門家」として発言するって、そういうこと。西浦先生も尾身先生も押谷先生も、誰もが、それぐらいの覚悟は持ってる。

胆力の違いだね、後は西浦先生と脇田先生に任せろ。

あなたに人間の疫学の経験はない。

あなたにCOVID-19の治療の経験はない。

あなたに呼吸器感染症のウイルスの研究実績はない。

あなたにコロナウイルスの研究の経験はない。

あなたに「新型コロナ」ウイルスの実験の経験はない。

そんな人の経験に照らしたアドバイスが外れるのは、K値推しが証明した。

アキラメロン

8081. 宮沢抗体の致命的欠陥2

7040. 宮沢抗体の致命的欠陥

「みなさん、新型コロナは感染力が強いと言いますが、インフルエンザは1シーズンに1千万人以上が感染することが多い。新型コロナは100分の1以下です。重症度も高齢者は高いけど、若年層ではインフルエンザより低い。陽性になった人はほとんど“普通の風邪より楽だ”と言います。テレビでは“辛かった”という声が取り上げられますが、インフルエンザも辛い人は辛い。新型コロナは高齢者や基礎疾患のある人を除けば、治る病気なのです。だから40代以下の若い人は、早くかかって集団免疫を獲得したほうがいいとも考えられる。一度かかれば二度と感染しない、というものではないけど、一度かかると次は楽です。それなのに、第2類の感染症であるばかりに、無症状や軽症でも、隔離措置がとられます。まったく必要のない隔離をして、医療崩壊の危機まで招いてしまっています」

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08270556/ より宮沢先生の発言を引用。