8074. 動画を消す人

動画やツイートを消す人は、「証拠隠滅」を図るってこと。記録に残っていたら困るような発言なら、最初からしない方がいいのに、気軽にツイートや動画を消す人は、それだけ無責任な発言を普段からする癖がある。

絶対に消せない2チャンネルでネット生活をスタートした私は、デジタルタトゥを意識した発言をする。

三宅さんもそうだったけど、わざと際どい挑発するような発言をして見せて、サッと消す「憂さ晴らし」をネット上でやる人は、必ず墓穴を掘ることになる。問題発言は「チラシの裏」にでも書いておけと、便所の落書きと呼ばれる2チャンネルで、私は学んだ。

宮沢先生のパソコン不調動画は、貴重なデータだ。消さないで残しておいて欲しい。 攻撃してくる人って私のことも入ってるよね? 明らかに私たち、空気感染ジャーを意識した発言が見受けられる。

私のブログを遡って読んで欲しい。

空気感染については、「不特定多数が、密閉された空間に、長時間滞在」の限定をつけて話してる(頻繁にドアが開く満員電車は密閉空間には当たらないとも付記している)。私はマイクロ飛沫とは言わず、エアロゾル感染と表現してきた。人間とは感染感受性が異なる動物実験の経験則は、新型コロナについては、当てはまらない。エアロゾル感染で感染成立に必要なウイルス量は、接触感染よりもずっと少ない量で成立するから気をつけろと言っている。

おそらく、この点について、私はずっとブレてはないと思うが、改めて、整理しておきました。藁人形論法対策(笑)

ちなみに私はPCRスンナ派です。今、東京都がやろうとしてる無症状なのに一斉調査なんて金の無駄使い以外の何者でもないと思っている。

クラスター対策が出来る程度にまで抑え込めれば、解除って「尾身・押谷ライン」は、ゼロリスクを目指してない証拠だと思う。ゼロリスクならば感染者がゼロになってから2週間経たないと解除しない台湾やNZのような選択をするはず。クラスター対策は、経済を回しながらのwith コロナを裏で支える心意気の現れだ。

私はクラスター対策がなかったら、2週間後にはNYって予想は当たってたと思う。専門家会議が総括してたけど、欧米は前向きの追跡調査をやったが、日本は遡って発生源を探り当て、そこから濃厚接触者を探して感染者を隔離するレトロスペクティブにやった。これが奏功したと私は思っている。少ない人員しかないから、効率よくPCR検査を回すには、これしかなかったと私は思っている。