8043. 国家の軽視と新型コロナの軽視は同根!【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第4回】

今回は、これまでの3回ほどの読みどころはなかった。

8026. 【中野剛志×佐藤健志×適菜 収:第3回】

8022. 「専門家会議」の功績を貶めた学者・言論人

7971. 中野剛志(評論家) 続き

中野:そのせいか、議論が混乱していて、私にはよく分からない話がいろいろとあるんですよ。例えば、藤井聡氏や宮沢孝幸氏は、当初、若い人が活動して積極的に免疫を獲得し、集団免疫を形成するという戦略を唱えていましたよね
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20200604/)。他方で、彼らは、「〇〇さえ徹底すれば、感染しない」としきりに喧伝しています。しかし、彼らの感染防止策を徹底したら、集団免疫の形成は遅れるのではないか。感染を拡大していいのか、感染防止を徹底すべきなのか、どっちなのかよく分からない。彼らが集団免疫戦略を撤回したのか、していないのかも、よく分からない。

適菜:宮沢氏は3月には、自分が他人に感染させる可能性があることを強く意識しろみたいな話をしていましたよね(https://twitter.com/takavet1/status/12437397780039734272)。

中野:そう。だから意味がわからないんですよ。もちろん、誰にも感染させないように意識するという宮沢氏の主張は正しいですよ。しかし、誰にも感染させないようにしたら、集団免疫の形成は妨げられてしまうんじゃないですかね。
 他にも、よく分からない議論がある。
 さっき言ったように、藤井氏は、どうせ財政政策は行われないからという理由で、自粛緩和して経済を回せと主張していた。ところが、その後、「半自粛と財政政策が一番いい」とツイート(https://twitter.com/sf_satoshifujii/status/1283393114120417280)。
「自粛+財政政策」を叫んでも成功しないけれど、「半自粛+財政政策」をつぶやくと成功するのでしょうかね。これも、よく分からない。まあ、西浦先生を攻撃したい一心で、持論の財政政策論を捨ててまで「自粛緩和」「半自粛」を唱えてみたものの、後になって、捨てたのが惜しくなって、しれっと拾いなおしたってとこかな。

宮沢先生は3月の時からは、ずいぶん、変節してしまわれました。あの頃は、コロナの驚異を感じておられたけど、今は「コロナはただの風邪」派なのです。三人の評論家達が、わけがわからないと言うしかないのは、宮沢センセが「医療側から経済側に」ポジションを変えたことに気づいてないからです。

集団免疫を期待して慈恵の検査からすでに20%感染済みとか血迷ったことをほざいてもいたけど、やはり抗体が3ヶ月で消えるとなって、「100分の1作戦」で逃れように戻り、それがまた、T細胞のメモリーは抗体と違って残るんじゃないか?とか、風邪のコロナに対する免疫記憶が新型コロナを軽症に抑えるんじゃないか?とか色々と考えた結果、「陽性になった人はほとんど“普通の風邪より楽だ”と言います。だから40代以下の若い人は、早くかかって集団免疫を獲得したほうがいいとも考えられる。一度かかれば二度と感染しない、というものではないけど、一度かかると次は楽です。」と勢いよく言い切ってしまったところ。←イマココ

宮沢先生は、コロナの驚異はないことにしたいんですよね。飲食店を回すために。パンデミックなら生活が不自由になるのは当り前 だから、パンデミックではないと、少なくとも日本では「ただの風邪なんだ」と主張する。

「歯を食いしばってでも、経済を回さなければいけません。冬にまた流行しうると考えれば、特に旅行業界やホテル業界は、いまが稼ぎ時です」

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08270556/

コロナは「有事」だという人たちと宮沢先生は一線を画し、それをコロナ脳だ、ヒステリーだと断罪する。

でも、その宮沢先生がコロナの研究を「流行は俺はやらん」はずがはじめるとしたら、やはり「コロナの脅威を認めた」ってことだしょ? 

ホテルに集まり、ビュッフェを食べる実践を示すはずなのに、「専門家」の二人がリモート参加で講義をなさるとか、やはり「コロナの驚異を認める」ってことかな? 冬になるし。

冬になれば、またコロナは勢いを増す。これはコロナ学者でなくても、冬には風邪をひく記憶のある普通の人は、みんな納得する。

8041. マスコミの振り子が戻る2

8040. マスコミの振り子が戻る

後遺症だって、宮沢先生が不勉強だから「知らない」だけで、日本でも長期微熱組は結構な数いるし。宮沢先生お得意のXMRVが、慢性疲労症候群の原因ウイルスとして話題になったくらいには、CFSは脅威であり、かつ、ウイルス感染が引き金になるだろうことは通説として通ってるし。

8039. Long COVID

だから、安全策に揺り戻しは来ますよ。

感染しても軽症だから大丈夫って、遠からず言わなくなると思う。

宮沢氏は3月には、自分が他人に感染させる可能性があることを強く意識しろみたいな話をしていましたよね(https://twitter.com/takavet1/status/12437397780039734272)。

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/634442/3/

彼が今でも、ずっとずっと、3月にバズったツイートを固定に下げてるのは、最後はあそこに戻れば人気は確定できるって、わかってるからです。

冬になれば、必ず、第3波がくる。それが今流行している株とは限らない。国境を開けば、変異株が入ってくる。その時は「今はやめて」って言うしかなくなりますから。

人が動けば感染者が増え、感染者が増えれば、いずれは高齢者が重症化する。大阪会議の後の大阪が証明しましたから。

宮沢先生は反省の弁を述べることはしない。でも自分の身を守るために、徐々に、言うことを変えるはずです。コロナの好きな冬が来ますから。今年の冬は長いですから。昨年が記録的な暖冬でした、今年は厳しい寒さが予想されますから。