8025. このウイルスは弱い

尾身さんが言う「わかって来た」は、「国民の皆さんもわかって来た」「感染者増をニュースで聞けば人は自ずと出歩かなくなり、人流が減ればピークアウトすることが4月と7月で再現が取れた(証明された)」って意味だと思います。

1、脂質二重膜を持つエンベロープウイルスは、洗剤やアルコールに弱い。(エンペロープを持たないノロウイルスは、ハイター系の消毒が必要)

2、遺伝子にRNAを持つウイルスは、UVに弱い。

3、R0=基本再生産数は2程度。10に近い麻疹ほどの感染力はない。

4、乾燥しても感染力を失わない結核菌とは異なり、環境中では減衰する。

5、8割の感染者は誰にも感染させることがない。この点ではインフルエンザよりも感染力が弱い(が、一人で大勢の人に感染させるスーパースプレッダーがいる)

6、致死率はSARSやMERSに比べて低い。(特に若年層は)

7、コロナウイルスは11度以上の温暖な気候に弱い.(北半球の夏では弱毒したかのように見える)

これらの弱さは確かに「最初からわかる」こと。

しかし弱いが故の「イヤラシさ」がある。

1、発症前から感染させる。(入り口で体温測定しても意味がない)

2、無症状で無自覚な人が歩き回る(元気にイベント参加して感染を広げる)

3、唾液の中に多くのウイルスが含まれ、会話するだけで「飛沫」と「エアロゾル」の両者で感染する。(エアロゾルはサージカルマスクでは防げず、換気が「超」重要)

4、免疫が発達した上気道感染だけでなく、血管と隣り合わせの肺胞にいきなり感染する。(自覚がない肺炎がCTで見られ、軽症のはずがいきなり酸素を必要とする例がある)

5、免疫が暴走し、血栓症やサイトカインストームなどの多様な病態を示す。(ステロイドとヘパリンが死亡率を下げてくれた。普通の風邪にこんな治療はしない。)

6、全身臓器での感染?あるいは炎症が見られる(いつまで続くか、何が出てくるか、まだ未解明の部分がある。)

これらは、次第に「新型コロナ」特有として、後から明確になってきたこと。

「専門家会議」は2月24日の時点でわかってたから、「接待を伴う飲食店」「クラスター」「三密に密閉を入れた」で、表現して来た。

7555. 2月24日時点で

宮沢先生の100分の1作戦は「空気感染(エアロゾル感染)」の意識が弱い。宮沢先生があらかじめわかってた? 3月時点でわかってた? 嘘だ。