8005. 国民も分かっている

恐れすぎ? 違います、正しく恐れている。

感染のホットスポットは「キャバクラやホストなどの接待業界」だが、VIPは高年齢が重症化することを知って高級クラブには行かなくなり、個室での密談に変更。料亭に行くはずの魚が安くスーパーで売られることは今はない。

感染のスーパースプレディングイベントは、ライブハウス&ミニシアター、お黙りショーのような密閉空間で客とキャストの間の距離が近いところ。声を張り上げる合唱や演劇は、本番よりもむしろ稽古の方で感染する。

前の専門家会議に近いところから直接の指導が行き届いている所は、よく分かってる。分かってないのは、むしろ、「自分はオールラウンダーでなんでも知っている」と自負している宮沢先生の方だと思う。あとは、検査を売りたいお医者さんたちに抱き込まれた文化庁の「抗体検査」陰性で続行の判断とかね。

マシュマロ民の方が理解が進んでいるため、教祖様が宗旨替えを迫られている

客は店を選ぶ権利がある。

妙な次亜塩素酸水のミストで対策してるフリに対しては、お客様の声で撤去させている。

次は換気が悪い店は敬遠され、マスクがマナーであるように、大声で騒がないのもマナーになる。

怖くて外に出られないって言ってるのは、実は宮沢信者のみじゃないかね?

コロナ脳って、本当にいるのかね?