7974. 狂牛病と鳥インフル

アメリカでは、とっくにインフルエンザによる超過死亡を超えてしまったので、インフルエンザ並みって議論ができなくなった宮沢先生は、とんでもない間違いを、しでかしていることに気づかない。

 改めて宮沢氏は「結局、これも僕の力不足だったかなと思っているが、BSE(狂牛病)の頃から同じことを繰り返しているように見える。BSEに関しては死者がゼロだったが、マスコミがさんざんに煽った結果、経済面で多くの人が犠牲になってしまった。新型インフルエンザの時も含めると2回のチャンスがあったのに、NHKも含めて一切検証・総括してこなかった。政治家たちも専門家たちも、自己正当化してはいけないのに、自己正当化した。責めることはできないが、繰り返してはいけない。今回で3回目だ。国民はもっと怒った方がいいと思う」と強調した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c150fce7d5b33b74ae30244f1e8f47de8ce723c4?page=2

彼は、狂牛病の騒ぎだ、高病原性鳥インフルだと言うが、そんなの「医学・医療」の世界では騒いでないんだ。獣医の世界だけで、勝手にやってたこと。

なぜなら、あれらは、人から人へ感染が広まってないし、日本で死者も出てない。医療は「スルー」してました。典型的な藁人形論法です。

新型コロナは「餅」を超えますよ。

次は何? 風呂を目の敵にするのかな?

視野が歪んでませんか? 

BSEと鳥インフルの騒ぎは獣医とマスコミで作ったものでした。

マスコミに取り込まれてしまって、もはやマスコミは絶対に批判できない人が、「世論」を叩く矛盾に全く気づいてない。大衆をバカにするにも、ほどがあります。私たちはすでに「正しく」怖がってるんです。