7873. はしご酒クラスター

一人で静かに飲むだけなら安全?

このクラスターの人たちが静かに飲んでたかどうかは私は知りません。

感染が確認された飲食店をA・B・C・Dとします。飲み屋街なので、いわゆる居酒屋を想像してください。

最初に感染が判明したのは、Bの店を訪れた客でした。その後、Bの店主の感染が判明しました。 さらに調べていくと、Bの店の常連だったAの店主や、Aを訪れた客の陽性が次々と判明します。

これだけではなく、最初に分かった客が以前行ったことがあるCの店主、同じエリアにあるDの店主の感染も判明しました。

東大井5丁目はそれぞれの店同士の距離も近く、10人で満員になるような狭い店も多いです。そのため、密になる環境ではあります。

品川区の担当者に聞くと、このエリアはいわゆる“はしご酒”をする人も多く、常連客と店主が流動的です。よって、一般的な個別の店のクラスターには該当しないけれど、“地域クラスター”として判断した、ということです。

人が動くとウイルスも動きます。行く人も迎える人も共に万全の感染対策をとって、無症状の人がうつすというコロナの特徴を理解し、誰かにうつしてしまうのかもしれないという気持ちを常に持ちたいものです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92d31524f21a5d5ecec6448b0744fe50be3235fd

常連客と店主の年齢層は高めでしょう。

五人以上にした根拠は、四人テーブルを使えるからでしょうね。

(今では四人テーブルを二人で使ってる店がほとんどですが、あれって、かえって声を張り上げて会話する原因なんですよね・・・)

7792. 会話のない会食なんて