7682. 尾身的自粛

と藤井教授はいう。彼の持論なのか、それとも宮沢先生に感化されたのか?

どっちもどっちの共依存状態のように思うが、「専門家」を名乗った宮沢先生の方に責任があると思います。

緊急事態宣言は出ません。出せません。

明日からはイベント規模の拡大も解禁です。良かったですね。

これで後は、「自粛から自衛へ」です。客が来ないのは、集まらないのは、イベンターの方が「意識が低い」「時代に合ってない」からです。

人との社交って、面倒だと思う権利もあるんですよね。服を買って、痛い靴履いて、化粧して、愛想笑いして、疲れる。そんなお金も時間もあったら、少しでも寝たいわ・・・と思い続けてン十年。

通勤電車から解放され、いらない会議がなくなって、出張の片道2時間が必要なくなり、なんと時間が有効に使えるようになったことか!

その一方でネットでいくらでも繋がれる。って錯覚にも陥る、ネット社会。

リア充で、飲み会のセッティングだけで生き延びる営業よりも、もっと製品や他に詳しい営業の方が、成績が伸びることもあってもいいと思うし。

接待費・交際費ではなく、自腹で美味いものを食いたい人に受ける店が伸びてくれたらいいと思う。

そんな世界も、悪くないと私は思うんだがなぇ。

もともと、貧乏だった。奨学金の借金もあり、仕事と家事と育児で他に時間もお金の使いようもなかった。主人とは映画に一緒に行ったこともない。コンサートも、ライブハウスも、もちろん、キャバクラも。

外食が唯一の楽しみだけど、それも四季に合わせて年に4回ほど。

そんな慎ましい生活では、ネットさえあれば、生きていける。