7664. マスクからエアロゾル

空気感染ではない、エアロゾル感染だ、日本の専門家会議は早くから言ってた、我々もそんなことは百も承知だ、っちゅーことで、別に構わないけど。

今の日本の議論のポイントは、ガラパゴス的に、

「密閉空間において、マスクしてれば会話しなければ、エアロゾルでの感染はあるか?ないか?」です。

密閉空間に、頻繁にドアが開く通勤電車は該当しません。ライブハウス、映画館、コンサート、そこらへんを想定しての議論です。

マスクしてれば飛沫は防げるでしょう。しかし、サージカルが払底し、一般人は布マスクが定着している日本において、「マスクから黙ってればエアロゾルの発生はない」から密閉空間で隣の席に2時間座っていても感染しないでしょうか? 

今の日本での議論は、ここまで「進化」してるのです。

アメリカ在住のばぶたんが、そこまで成長するのはいつかしら?

まぁ、それでも、隣の席の人の触ったところを触ったんだろうって結論に、なんとかして持って行くんでしょうね。

「同じ空気を吸いたくない」って感情は、人の好き嫌いの激しい私のような人間は、とても本能的に自衛策として思いつくのだけど、人が好きで好きでたまらない人は、感じないんだろうなぁ。

私は何も一般人がN95マスクをしなさいとは言ってません。普段は布マスクで十分だと思ってる。

ただ、密閉空間での大規模イベントがどこまで安全か? 測りかねている。そして、管理者側に「換気」の重要性に気づいて欲しい、誰よりも、そのコンサルタントを買って出ている宮沢先生に理解して貰いたい、それが一番、多くの人が救われる道だから。