7656. 4月との違い

宮沢先生が説明しないから、代わりに説明してしんぜよう。

宮沢先生は、新宿と渋谷で積極的に検査をしたから、検査数が増えて、感染者数が増えて見えるが、若者ばかりで軽症ばかりだから安心しろ、4月とは違うと言いたいのだと思うが、それは間違いです。

理由1、検査数は実はそんなに増えてない。

理由2、検査数の中に占める陽性者の割合は増えている。

理由3、すでにホストやキャバ嬢以外の普通の人にも感染者は相当数出ている。

理由4、若い人が多いのは事実だが、無症状、軽症の人ばかりではなく入院=中等症も増えている。

ここらは、神奈川のまとめを見ると一目でわかります。今週末には黄色信号になるでしょう。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/k-vision/indicator.html

理由5、入院者数の増えが遅いのは、入院先が決まらず待機になっている人が増えて来ている。

理由6、すでに病院関係者の感染が起きている。

この次「高い年齢層」のところに来ると、重症者が増えるようになり、4月と同じ状況になります。

夏だから、そこまで行くのに少しは時間がかかるでしょうけど、(4月は高齢者から感染が始まったので重症者が早くから増えたが、今回はタイムラグがある、というか、ここで食い止めれば重症者は増えないですむのに)誰もブレーキを踏めない状況を作り出したのは、「緊急事態宣言は必要なかった」と大阪会議で発言した中野&宮沢ペア。雲隠れしたK値の先生の分まで宮沢先生には責任をとっていただきたく思っております。

まずは、今週末に神奈川県の信号が黄色になるかどうか。

654. いただきました5

7653. いただきました4