7583. 宮沢先生に正気に

戻っていただきたい。

過去のツイートを見てると、最初はとても正しかったことが改めてよくわかる。

飛沫核が肺に到達する病理を

この時点では意識している。正しい。

布マスクしか手に入らなかった時期

今度、流行したら、また市中からマスクは消える。

不織布マスクが足りなくなったら、換気が大事になるよ。

3月末ごろの宮沢先生に戻って欲しい。維新の議員と接触感染する前の「科学者宮沢」に戻って欲しい。

科学的な質問からブロックして逃げるような「科学者」ではない。もはやアジテーターか、コメンテイターか。

大阪会議の瞬間、彼らは日本からコロナは駆逐されたと勘違いした。K値のおじさんは、収束時点=解禁の日時を予言する役割を与えられたが、彼ら二人は、再燃した場合、さらに強毒なウイルスが「帰国者」「特段の事情のある外国籍」によって輸入された場合に、どう対処するか?まで考えてあったのだろうか?

責任とってくださいよ。宅配便のお兄さんたちが「ゆるんだ」のも、「専門家」宮沢の発言のせいです。

7581. 宅配便クラスター

今頃、宮沢先生は布団の中で頭を抱えているだろうか?それとも、強気に「検査が増えれば陽性者は増えるに決まってる、PCRなんてないほうがいい、あるから隔離しなくてはいけなくなる、知らなければ、経済も回せるし医療従事者も働いてくれるから医療崩壊には至らない」って今でも思ってるんだろうか?

24:30ぐらいから。

「検査しなくて、そのまま働いてれば、医療崩壊起きないわけですよー

防御しつつ出してもいいって僕は思ってる。

だってさ。

PCRなんてやるから、って言っておきながら、ご友人のLAMP法の方は、大阪の検疫所にお買い上げを求める「セールスマン」