7556. SARS&MERS

日本に数少ないけどヒトのコロナウイルス、つまり風邪のコロナウイルスやSARSを研究してた研究者の名前を、やっと宮沢先生があげるようになりました。

これで猫のコロナウイルス=「下痢症(手から口へ)」の発想から、呼吸器感染の発想に、感染経路遮断の意識が宮沢先生の中で変わるでしょう。

呼吸器のウイルスって言葉もやっと出た。清水先生、西村先生はエアボーン先生のご推薦ですよね。

7446. 西村秀一先生

7501. 清水先生とコロナの女王

増田先生ってのは、獨協の増田先生? 

7231. ファウチ所長と増田道明先生

安田先生はエボラなどにも詳しい、一度は、科警研でテロ対策も考えられ行政にも明るい。

これでやっと「お友達推し」から、科学者の立場での推薦となりました。

やれやれです。

院内感染コントロールの実務屋に匹敵する知識量が、獣医の宮沢先生にあるのか?疑問。

7102. @SakamotoFumie

換気は赤ちゃんからお年寄りまで、管理者がきっちりすれば全員を守れます。

だから経営者に忖度する科学者ってやつには、私はCOIを問う。

看護畑の人、検査所の衛生検査技師らの叩き上げの技術者はママ友ネットワークの方が強い。彼女たちは、「専門家」としてマスコミには出ないけど、身近なところで啓蒙活動はしてるよ。

新型コロナを実際に扱った研究者は、日本でも相当の数に達している。論文を出してるのは今は河岡チームだけだけど、他も経験値が既に相当にある。

そろそろ私の役目も終わりです。再燃した時には「ドリームチーム・ワン」の代わりに、経済を回せ一派が頑張る番です。よろしくお願いします。

必要なところがどこか、ずっと説明し続けて、結果を出す義務がありますよ。頑張って下さい。

尾身先生、西浦先生、お疲れさまでした。

まさに西浦先生は実務屋でした。手弁当でご奉公ありがとうございました。