7529. レッテル貼り

に、永江くんは忙しいようだが。

私は「れいわ」は信用しない(維新も)

原発推進派(トリチウム水は海洋放出賛成派)

ワクチン推奨派(ただしアンジェスなどのDNAワクチンは除く、せめて不活化粒子、望みはウイルスベクターベース)

だけど、コロナに関しては慎重派です。

アメリカも、スウェーデンも、ドイツも、再増加傾向にある。

ドイツのグラフの右のほうに上昇傾向があるのは、食肉工場クラスターのせいです。

ブラジル、インド、パキスタン、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、どこもかも増加です。

ただの風邪のウイルスだ? 

誰が信じますかいな。アメリカで毎年インフルエンザで10万人は死んでません。せいぜい6万人。 アメリカの死者数はすでに12万、おそらく9月には20万は超えるでしょう。12月までの1年間では40万人かもしれない。

日本だけが違う? 

ダイヤモンドプリンセスでは、日本人とそうでない人たちの間の感染率に差はなく、死亡率はむしろ日本人の方が高かったんだから。

環境因子(マスク習慣や、ソーシャルディスタンス)が崩れたら、HLAもBCGもほとんど無意味になる。

「effectにも強弱がある」って、科学を知らぬマーケッターには理解できないんだろう.

五十嵐准教授に「ORってなに?」って聞いてみな。Odds ratioのことだよ。この数字に差があるのって、どんな意味?って聞いてごらん。

数字に差がある、つまりは、効果にも「強弱」があるってことだよ。

ついでに、 adjustってどうやるの?って聞いてごらん。1つの因子と、もう1つの因子の間に、連鎖があれば、どちらかで補正すれば、もう片側の因子は無効化される。BCGもHLAも、手洗い、マスク習慣、温帯湿潤気候に属する地理的条件ってやつと強い連鎖があるから、それらの因子は「多重解析」をやると、不可分であるって結果が出るはずだから。

あなたにできるとは思わないけど、五十嵐先生なら出来るから、やってもらってごらん。