7503. 歌舞伎町孤島化

キャバクラが開いてて、そこで感染は今でも変わらず起きている。

でも、お客さんとして、会社の社長や営業さんが来なくて、芸能界の人(志村けんさんの例)やテレビ局の人(アナウンサーや石田純一の例)が六本木などからも居なくなってたら?

いい感じに収束すると思う。

7489. コミュニティ・ディスタンス論

を私は一度は無理だと思ったんだけど、みんながきちんと「あそこには堅気の人は行ってはいけないのです」と認識したら、案外と、日本のような村社会で相互監視の目が行き届く社会では、自粛警察が歌舞伎町にまで出張って行かなくても、実質、同じ効果があるかもしれないと、思い直しました。

特に法律をいじる必要も、休業補償する必要もない。ただ、自由経済に任せた結果、客が来なくて潰れるのだから、それでいいんじゃない?って思う。

現場からN95は消えて、戻ってくるのはKN95 という名のパチモン。

この状態では現場は「丸腰で戦え」に近い。でも、キャバクラとホストクラブのキャストの間だけで夜の街が回ってる状態を維持するのは可能だとすると、日本の奇跡は「保持」し続けられるようにも思えて来た。