7461. 昼カラオケ

北海道のクラスターの根元には、昼からスナックでカラオケを楽しんでた高齢者が居たそうな。

この2つのアカウントの組み合わせは面白い。

村中さんは宮沢先生と対談して「週刊新潮」に書いた人だったと思う。

7424. 100回に一回

そして、ドロッポ医は、永江くんの飼い犬。

ドロッポ医って、どんな意味だか、わからない。

常勤勤務から「ドロップアウト」して、非常勤・スポットバイトなどで食いつないでいく医師のことを、「ドロッポ」または「ドロッポ医師」などと呼ぶそうです。

なるほど・・・・・永江くんのブログを監修してる「灘の後輩の医者」ってこの人なのかな?

サージカルマスクして歌っても、交代するごとにカラオケマイクを消毒しても、換気をしない密室に多数が長時間滞在して飲食したら、感染は広まるだろうな。

実験してみなくても、そのうち、わかる。マスクしてたのに、消毒してたのに、それでもクラスターになったってなるから。