7441. 8割おじさん

改めて、「本当は6割でいいけど、夜の街が閉まらないから一般人は8割に割増」の記事を、収録しておく。

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-nishiura/

1人当たりが生み出す二次感染者数というのは、欧州では平均で2〜3人と言われています。これを再生産数と言います。この数が1を割ると、流行が収まっていきます。

2〜3人感染者を生み出すような接触のうち、平均50〜67%ぐらい以上が削減されると、再生産数が1を割るというのが単純計算になります。2の時は50%以上、3の時は67%以上を削減する必要があります。

しかし、日本では今の流行対策で接触を制限するのは、強制ではなく、要請ベースで行われています。

例えば昨日、ホテルに帰るために新橋を歩いていたら、マスクをつけたベンチコートをきた女性が、「ガールズバーいかがですか?」と声をかけてくれるんです。ああ開いているんだなと思いました。

その横の女性は、携帯電話でおそらく常連さんに「今日ちょっと空いてるんだけど来てくれる?」と言っていたのを通りすがりで聞きました。

ああ、一番感染が起きていそうな場所がなかなか閉められないのだなと肌で感じたのです。

どれだけ制限を求めても、介入しきれないところがあるのです。医療機関はもちろん続けてもらわないといけませんし、性風俗などで止められないところがどうしても存在します。

仮に風営法で止められたとしても、性的接触が止まらないところはたくさんある。人の行動に介入するのは、一つの数式の計算だけではカバーできません。

そういうことを加味して、二次感染が起こる再生産数をもっと詳しく検討していたんです。医療従事者同士で感染が起こる確率、医療従事者から他の業界の人に感染が起きる確率、風俗での接触で感染が起こる確率などです。

数学的には職業別の感染しやすさを並べていくようなイメージですね

ーーそんな細かい計算があったのですね。大雑把に2割上乗せ、というものではなかったのですね。

みなさんの行動をこの数値を元に止めないといけないので、正確に積み上げた数値です。

背後ではもう少し詳しい再生産数のデータを作っています。医療と性風俗には残念ながら介入ができないと仮定して、一般の人口でそれを補填して、二次感染の平均値を1より下げるにはどれぐらい必要か見て、正確に言うと79%という数字が算出されました。

こういうのを「伝播の異質性」というのですが、人は社会で同じようには振る舞わないのです。一般企業の人も、個々人で同じ仕事をしていても、友達の多さや交流の活発度は違います。

それを加味したデータを作って、その基本再生産数が2.5になるように計算して8割となったわけです。

翻って言うと、制御できない業界を除く接触が8割未満だと流行の制御は難しいかもしれません。

なので、この8割減少は折れてはいけない数字なんです。

(以上、引用)

その通りだよ。感染がコントロールできなかったら、責められてしかるべきだが、コントロール出来たんだから、「自粛しなかった場合」のIFは存在しない。

為政者は国民の命を、そんな風に賭けることは出来ない。

アベガーの人たちは、安倍さんに自分の命を切り捨てる方に使われたかったんだろうか?

ちょと失敗した、で失われた命は、もはや抗議の声を上げることも出来ない。

6903c. 以下自粛

6909c. 8割おじさんの忖度

6921c. 8割の根拠

新しい様式でやってみてもダメだったところは、業態そのものの「お取り潰し」へとシフトする。わかってるかなぁ。ライブハウスって、その瀬戸際にいるんだよ。(おそらくライブハウスの場合、消防法とビル管理法でアウトになると思う)