7433. ワイドショーで

押谷先生をゲストに来ていただく暇はないと思うので、「外交」を読み上げて、細かく分解して、解説する番組構成にしたらいいと思うの。

医療クラスターの人たちだけが、わかってりゃいいってもんじゃないんで。

全国民に関係することが、こんなに深く考えた上で、決まってるんだと、「成果」が実感されている今なら、ゆっくりと解説している時間があると思うのですよね。

たった3ページにも、凝縮されたバックグラウンドがあるわけです。医療クラスターの人は、「新型インフルの発熱外来の」って言えば、あぁ、あの惨状か!と、ピンとくるけど、それがどんな状況だったか、一般人は分からない。

(発熱外来に人が殺到して、三密になったこと。インフルエンザは、それでも迅速診断キットが感度がとても良くて、タミフルを処方すれば、お互いにwin-winの関係を築くことが出来たけど、それでも外来はパニックでものの2週間しか持たなかったこと、新型コロナの場合は、診断結果が出るまでに最低でも3日かかって、特効薬もないから、実は発熱外来に来られても何もできないこと)などを、説明することが「発熱外来」のたった1つのキーワードからでも、延々と出来る訳で。

なんども何度も、基本となる情報を繰り返し、手を変え品をかえ、質問に答えながら、解説授業をするには、いい教科書だと思うんだけどなぁ。