7409. ラーメン一蘭

(コメントいただきました)

コロナ後(あるいは「コロナといっしょ」)時代の飲食店の姿を思い描いたとき、真っ先にラーメン屋「一蘭」を想起した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E8%98%AD

「味集中カウンター」は、「豚舎で餌を食う家畜かよwww」なんて馬鹿にもされていたけど、今となっては、時代の最先端だった。
各ブースを強制換気にして、下膳時の清拭を徹底すれば「安全・安心」を売りにできそう。

(以上、ありがとうございました)

アクリル板は、流行ってますね。

私はあれだけに頼るのは、好きじゃないです。

仕切ったとしても、空気は同じです。飛沫が直接は飛ばない、横並びはいいとは思うのですが、究極的には「換気率=空気交換」がなければならないと思うのですよ。

小さな霧のようなウイルスは、マスクでは実は防げない.

だから、医療従事者はN95を必要とする場合がある。

東南アジアは地元の人は、外の屋台(吹きっさらし)で3食を食べてます。

今は接触感染、飛沫感染重視ですけど、それを徹底しても残る感染経路がいずれ明らかになるでしょう。密閉空間(不特定多数が長時間滞在する)の空気は危ないが、通勤電車程度にドアが開いて人が出入りするたびに空気が流れて薄まるのならば安全とも言える。これがこれまでに蓄積された知見です。

この新型コロナウイルスが、これまでのSARSともインフルエンザとも異なるのは、エアロゾルとして空気感染できるように進化したことだと私は思っています。

目に見える対策は流行し、見えない対策は疎かになりがちなのが、難しい。と私は思います。

ちなみに、私は子供にフェースガードは不要派です。そんなものよりも窓開け換気です。