7407. じゅんじゅん

と言っても、福山潤さんのことじゃありません。

TVERで、「サイレント・ヴォイス」の最新話を見ました。

フォロワー30万の、そのフォロワーにさらにフォロワーがいるんだぞってイキってる殺人犯が、ネットという新しい力を使って、この国を変えるんだ。エラバレた人間なんだって言ってるのを見て、だれを想像したか?

「元」衆議院議院の三宅雪子さんは5万人のフォロワーの力を借りて、元支援者に対して「言いがかり」に等しい攻撃を親衛隊と共に仕掛け、「刑事告訴した」と嘘をついたが、結局、反撃をネットで食い負けた。

私は宮沢先生はツイッターに向いてないと思う。

三宅さんのように手遅れにならないうちに、実名がデフォルトのFacebookにでも河岸を変えられた方がいいと思う。特に自分でも精神が弱いと喧伝しておられるぐらい自覚があるようなので。

フォロワーの数で殴り合うのがツイッターだ。フォロワーが少なければ、何を言っても広がらない。青い公認マークが付いてれば、それだけの影響力を持つ。

だからと言って、何を言っても正しいわけがない。

特に、命のかかっている医療・医学の問題において、正しくない発言には、たとえ、相手が天下の京大の准教授様であっても、「予防効果が証明されていない薬剤を、予防薬として推奨する」のは、問題視されて然るべき。