7395にコメント(2020/5/30)追記

(コメントいただきました)

7395. 2月3月の自粛に意味あり3

池田信夫と永江一石は、ゴールデンウィーク明けの週末以降の実効再生産数が1を上回ったことについてどのように説明するんですかね

(以上、ありがとうございました)

説明なんて、しないと思います。彼らは、自分はデータが読めると言ってますけど、ツッコミについては「速攻ブロック」です。ブロックしてしまえば、「誰も突っ込んでこなかった、俺がすごい」と、信者たちに示せるわけです。

例えば、花見の三連休の緩みの後にRtが上がっているのもずっと無視してますし。

韓国が再び、行動制限に入ったことも、無視しています。

このようなのを「フィルターバルブ」と言います。都合の悪い言説はシャットアウトして、都合の良い情報だけを信者同士の会話で増幅させる「エコーチャンバー」=サロンに囲い込む、ネットカルトのやり方は、余命ブログも、小坪ブログも、三宅親衛隊も、宮沢ポコチャも、永江塾も、アゴラフォーラムも、レジリエンスだかクライテリオンだかカタカナ大好き人間も、みんな、同じです。

都合の悪い相手をブロックするか、いつまでも、ずっと、相手にし続ける体力があるか、

見分け方は簡単です。

ですから、私は「悪魔の提唱」を名乗り続けます。

(コメント追記します)

Yahoo!ビッグデータによると、2/21〜2/23の期間(黄色の線)までは自粛してないけど、2/28〜3/1の期間(黄緑色の線)以降から自粛率がかなり高くなっています。その間に何があったか?

2/24の専門家会議の「瀬戸際」発言

2/26の大規模イベント自粛要請

2/27の小中高の臨時休校要請 です

2月はダイヤモンドプリンセスがいて、岩田先生の突撃から、日本中がコロナ?え?やばいの?って思ってましたけど、イギリスは対岸の火事でしたものね。アジア人だけが感染する風邪だと思ってた節がある「ロンドン五輪発言」は忘れません。

やはり、備えあれば憂いなし。危機管理ってのは、最悪の想定をするところから始まる。1000年に一度の津波に備えて、崖の下には家を建ててはならぬって石碑を無視したら・・・なのです。

私は「ファクターX」の中には、この「自粛力」ってのは、大きいと思います。災害の多い国だから、危険を察知する能力に長けているのかもしれません。

(コメントいただきました)

グラフ:新型コロナ、7カ国の再生産数「R」の推移 画像8点 https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/gallery/050900888/ 以前お見せした各国の実効再生産数の日本語版記事を見つけました。この記事によると、「ロックダウン」だけではく「大規模イベント自粛要請」もかなりの効果があります。

学校の閉鎖は海外ではあまり効果がないようです。 しかし個人的には日本では心理的にかなり大きな影響を与えたのではないかと推測しています。 日本において全国の学校が次々と臨時休校になるのは前代未聞のこと。 この前代未聞の動きに対して「うわっ本当にヤバイんだ」と思い、自粛率を高めた大人がかなり沢山いたんじゃないですかね。子供が学校に行けないせいでそれを世話する親のテレワーク率も一気に高くなったと思いますし。

(以上、ありがとうございます)

7322. Event BAN effect