7374. イワケン先生2

私はエキセントリックな先生は苦手ですが、この文章の、以下の部分には同意です。

さらに言えば、普通は未来の予測をする場合は、最悪のシナリオを想定して、「そうならないようにしましょう」と警告を立てるのが定石です。だから「いいほうの数字で計算すればもっといい話になっていたはずだ」みたいなのはまったく間違った考え方で、プロっていうのは普通は、「悪いほうのシナリオ」で想定を立てて対策を打ち、「そうならなくてよかったね」という状況に持っていくわけです。

例えば「胸が痛い」と言って病院に来た患者さんに対して、医者はまず「心筋梗塞はないか」と考えて、例えば患者さんを入院させて一晩様子をみて、その間に血液検査で酵素の数値を確認して、「心筋梗塞でした」「そうじゃありませんでした」と判断します。つまり、実際に心筋梗塞だった時に、「心筋梗塞の患者さんを家に帰して、そのまま家で亡くなってしまう」という最悪の結果を避けるための判断をしているわけです。

ですから検査の結果、あとから「やっぱり心筋梗塞じゃありませんでした」となったときに、「じゃあなんで入院させたんだ!」って怒り出すのは間違った考え方ですよね。

医療従事者にとって大事なことは「正しい予測をする」ことではなくて、拙著『新型コロナウイルスの真実』(KKベストセラーズ、2020)の中でも強調したように、「正しい判断をする」ことなんです。

「正しい判断」とは、必ずしも「未来を正しく予測する」ことではなく、いくつかの未来予測のシナリオがあった時に、どのシナリオが来た時でも破局的な結果にならない、最悪のシナリオを免れるために手を打つことです。

我々は魔法使いではないので、未来を正確に予測することなんてできっこない。当然、西浦先生にだってできっこないですよ。それができると思っているほうがおかしい。

ただし、正しい判断をすることはできる。最悪なシナリオを想定して、それを回避しようとすることです。

ですので、最悪のシナリオを想定して、その回避にかかった西浦先生の判断そのものはまったく正しかったわけで、その最悪のシナリオがやってこなかったらから怒るというのは話が違う。心筋梗塞のシナリオでいうと、「なんで、この患者さんは心筋梗塞じゃなかったのに、家に帰さなかったんだ」と後付けで文句を言ってるのと同じなんです。

(以上、引用)

私は藤井教授がテレビに宮崎哲也さんと出てる番組の時は、好きでしたけど、宮沢先生と一緒に対談をやり始めてからは嫌いになりました。

ナビダス反対(弁護士並みに懲戒請求したい)
岩田先生・是々非々(上司にはしたくない)