7344. 自然免疫仮説

永江くんが言ってる、「アジアはコロナに自然免疫がある」 が、BCG-172株によるtrained-immunity仮説だとしたら、それは「コロナ」限定ではないんだよね。

自然免疫ってのは、「抗原特異的」な反応とは違ってて、「なんか異物が来た」って察知して動くものなの。

pattern recognitionと呼ぶのですが、人間が持ってるものと異なるモノ、dsRNA(これはRNA dependent RNA polymeraseを持つRNAウイルスの感染を意味する)、フラジェリン(鞭毛を持つ細菌の感染を意味する) LPS( 多糖体の細胞壁を持つグラム陽性菌の感染を意味する)などを認識して発動するのが自然免疫なので、新型だか旧型だか、そんなの関係ないんです。

自然免疫を持たない人ってのは、相当、変な人間ってことになります。

多分、普通に生まれ育つことができないくらいに。

「自然免疫がある」んじゃなくて、「自然免疫が強い」と言う言い方が正しい。

ただ、日本人だって普通に風邪もひくし、インフルエンザには感染するわけですよ。

そこんところ、どう説明するのかな?

結局、「清潔好き」で「三密の法則」に早くから気づいた「環境因子」との合わせ技で、「自然免疫が強く見える」レベルに落とし込んだってのが、正解なんだと私は思っています。

医学の素人でなんのしがらみもないからこそ言えると思うのだが
永江理論は

●日本人の大半は欧米よりずっと自然免疫がある
●自然免疫があっても高い濃度のウイルスを浴びると感染する
●すでにかかるべき人は感染して抗体持ち(1%以下?)
●後は残ったわずかな人と院内感染のみ

https://www.landerblue.co.jp/50561/

素人は黙っててくれないかな。少なくとも、innate immunity(自然免疫)が何なのか、抗体との区別がつくようになるまでは。

7343. 自然抗体仮説

7342. 永江の穴44