7264. 核弾頭

で、自説が木っ端微塵になってることに気づかずに、喜ぶ奴の気が知れない。

IgGとIgMが一緒に上がっていく奇妙なパターンは、忽那先生が以前にyahooに書いてました。

7138. 2こぶラクダ

これを、2種類のどれかの風邪ベータコロナウイルスに対する抗体の反応と見るのが、一般的だが、東大の先生は未知のウイルスを仮説として置いたの。

実態も掴んでないけど。自分が使った抗体検査試薬では、4種類の風邪コロナに対するcross-reactionはないってことにしなければならないから、先にIgGが上がってくるには何かしらの類似のウイルスよって感作されてなければ、ストーリーが成り立たないからね。

4種類の風邪のコロナウイルスに対する抗体の交差反応は、ドイツやアメリカのズタボロキットでの結果が15%ぐらいあるから、日本とそんなに変わってないと思うのよね。

で、コロナウイルスに対する抗体の交差性ってのは、それらとは反応せず、SEAS-CoV-2に最も似たウイルスに対する抗体がアジアだけにあってヨーロッパにない、そんな都合の良いウイルスって、簡単に見つかるものだろうか?

中国やベトナムのように、野生動物を採集して食べてしまうようなところなら、新しいウイルスを得ててもおかしくないけど、日本で、全国民に、そんな風土病としての風邪が流行ったとは、とても思えないけどなぁ・・・