7224. 人生哲学

人生って、自分で決めたいよね。他人に決められたくなくね?

自ら健康な歯を砕いてまで楢山へ行ったオババをどう見るか?

他人に「人生哲学」を語る社会学者は多いけど、だったら、まず、自分の家族から説得してみろよって思うのです。

7175. 譲るカード

で、経済のために最初っから老人を切り捨てるってのは「これまでの医学の進歩からの逆行・退行」だと私は思うんですよ。

感染してしまったら、トリアージとして80歳以上の人に延命治療をしないってのは、コンセンサスを作っておくべきだと思うの。(医療従事者が「業務上過失致死」に問われないためにも。ちなみに私の両親はどちらも80越え)

でも、だからこそ、そこに「ウイルスを持ち込まない」ためには最大限の配慮も努力もする。それがあって初めて、ごめんなさいと言って「死」を受け入れて貰えるんだと思う。

クオモが老人ホームに感染者とわかっている人を送り込んだって怒られているのは、当然だと思う。

今の私の目標は、「院内感染、俺らの自粛と関係なくね?」って薄っぺらい経営コンサルタントの信者に、社会と病院と老人ホームは繋がってるんだってことを、理解して貰うことです。

老人ホームに入っている人は、誰かの「ばーちゃん」であり、誰かの父さんであり、20年後の自分であり。

で、どうするか? 自分の人生は自分で決めればいい。

でも、他人の人生を誰かが決めていいの?

議論は大いにすべき。それが次の冬までの課題だと思います。

私は「段階的緩和」に賛成です。学校にも行けると思ってます。一方で、キャバクラ、滅ぶべしと思ってます。お店が開いてても客が行かなくなるオワコン化が望ましい。キャバクラに行く=パチンカスを見るような眼で見られるようになればいいと思ってます。そうなれば、老人ホームへのウイルス侵入の可能性も低くなるんだから。