7156+. ネット芸人の

頭の中では消えている時系列のデータをいただきましたので掲載しておきます。

3月の出国日本人数は前年比-85.9% (全世界を対象にしたレベル2の渡航自粛要請が出たのは3/25だが、それより前からみんなかなり渡航を自粛していた)

それでも欧州型が日本に入り込み、国内で感染が広がってしまった(3月の感染拡大は新たに入り込んできた欧米型が原因という話は感染研のゲノム分子疫学により証明済。)

それにより重症者収容数が上限を超える可能性が出てきた。

それで休日外出自粛要請や緊急事態宣言を出した。 ※もし感染者数が増え、重症者数がECMOの使用上限数を超えたら一気に致死率が上がる

(以上、ありがとうございました)

8割おじさんは、はっきり言ってました。夜の街が閉められてたら6割でもいいのに、8割に増やす必要があったと。

夜の街の営業そのものは止められないから、「客」が仕事と称して飲みに行けないように、最後の手段を使ったのだと私は理解しています。

ホテル療養ができるようになる時間稼ぎが必要でした。確か、自衛隊が出てきて移動させてたのが11日ぐらいだったんじゃなかったかな?

あれで、現場は楽になったと言います。

3月2日には学校を休校にしてました。卒業式もなく、歓送迎会もなく。

だから、卒業旅行にスペインに行った家族が叩かれ、京都産業大生が叩かれ、慶応の研修医の打ち上げカラオケが文春砲で撃ち抜かれるわけです。

みんな3月中は頑張って自粛してて、20日からの3連休にお花見に行ったら「気の緩み」と怒られた。頑張った自粛の成果が、26日のピークアウトな訳です。

ロックダウンは、病院がアップアップだったから時間稼ぎのためだと、わかってない人は、笑われますよ。

おそらく、永江氏の周りには、大企業(一部上場企業)などは視野にない、中小の飲食店系列の経営者がほとんどなのではないでしょうか?

大企業の動きは早かったですよ、2月中にも、すでに、JALのラウンジからビュフェが消えてました。グラスは交換制。2月末には国際線はガラガラで、3月からは欠航の嵐でした。

(コメントいただきました)

志村けん氏効果もすごいですよ。

緊急事態宣言が出る前の3/29、休日外出自粛要請と志村けん死亡と季節外れの雪の効果で都内の自粛率が6割になっています。 こういう数値を無視して「3月末にピークアウトしたから自粛は無意味!」と断言するは明らかにおかしいです。

(以上、ありがとうございました)

緊急事態宣言はゴールデンウィーク前提だから無意味どころか大成功だよ