7021. やなちゃん

もっとも最初に上がってくる抗体は、抗N抗体です。なぜなら、タンパク質の量がいちばん、多いから。

それから、抗体検出キットに丸ごとの粒子(VLP)を使う会社も、タンパク質を丸ごと使う会社も、あります。タンパクの一部だけってのももちろん。添付書類には書いてないけど。

ご存知ないようなので、言っておきますね。

キットの特異度の話し方は、良かったです。

売られてるやつも「極めてずさんです」  って言ってくれて、良かったです。ありがとうございます。

イムノブロット法でも、風邪コロナに対する抗体が「新型コロナに対して交差反応」する場合は、同じ高さのバンドとして見えますよ。non-speはバンドの位置で見分けられますけどね。

中和試験がもっとも正しいというご意見には私も賛同します。数はこなせませんから現実的じゃあないけど(爆)

ワクチンの警鐘も、ありがとうございます。

6933c. 宮沢チャンネル

人工抗体については、↑こちら↑。

会社は「CDR」のデータがないと動けませんから。話を持ちかける順番が間違ってます。2ヶ月は、CDRの情報があっての話。抗体にはmaturationってものが必要なんですよ、本当に結合力の強い抗体を得るには、何度も暴露されて、B細胞がhypermutationを持つまで待つ時間が必要。

ボトルネックは、スクリーニング。どのモノクロがダイヤモンドか、砂金を砂の中から探す作業が大変。

VDJリアレンジを再現するようにランダムに遺伝子合成したら、膨大なスクリーニングが必要。

既存の抗SARS抗体から、MDシミュレーション(分子動力学計算)で抗体改変を予測しても、それを誰が作って実証するか? が律速。

やったことのない人は、机上の空論ですぐ出来ますって簡単にいうけどね、

あ、このひと、抗体やったことないって、すぐにわかります(笑)

自分でやったこともない人が、1−2ヶ月で出来るとか、無責任なこと言うの、スッゲー迷惑なんで、やめてほしいですわ、ほんと、だから誰も手を出さねっつーの、

できもしない無理な納期を設定されるの、嫌ですから。

どこのブラック企業だよ、そんな時間では出来ねーもんは出来ねーんだよ。

あなた様とは、お話ししたくありませんって反応になるの、当たり前ですわ。

科学をわかってない人に、政治家の威光を笠に言われても、ますます、やりたくなくなるだけですし、本気でやる人は「じゃ、やります」とは言わないです。だって、抗体は特許が絡むから「俺のアイデアだ」とか言われたくないしね。やるなら黙ってやりますよ、だって、製品化できるほど良い抗体は取れるかどうかは「時の運」だって、やってる人間が一番、よくわかっている。

早く早くと言われて、ろくな検定もしてない検査キットが出回り、デマのようなデータの修正に苦労している状況を知らんのか!

いい加減にしてくれ。思いつきを政治家に垂れ流すの、迷惑です。

そろそろ腹が立ってきた。