6940c. 指定感染症縛りプレイ

東京オリンピックのために使えなかった「鎖国政策」を捨てた時点で、かなり苦しくなっている。

東京オリンピックさえなければ、もっと楽だった。

せっかくの島国だったのに、中国へ工場を移転する人たちのために、すでに国境なんて無いもんだった。

クラスター対策班は、とてもいい仕事をしてくれたことは、間違いがない。

三密も、コロナの性質を明らかにしてくれたし、夜の街クラスターがほとんどと、「人間のサガ」を明確にしてくれた。ウイルスは、ウイルス自体の性質だけでなく、人間の行動そのものを「浮き彫り」にするものだ。なぜなら、ウイルスは人がいなければ、生きていけない。培地だけでも土壌の中でも生きられるバクテリアとは異なる次元の生き物だ。

ある特定の人の行動を変えられないから、全国民の行動をドラスティックに変えて代用しようってのが、今の日本。間違ってる。

集中して対策すべきところに、おもねるから、こうなる。

厚生省が医療崩壊に加担したのは、退院基準を明確に緩和しなかったためだ。

で、いつまで「指定感染症」でやるの?

新型インフルの時に、何を学んだ?

コロナは、インフル並みです。

1000万人感染し、1万人が毎年亡くなる。それがインフルエンザってもんです。でも、誰も、騒がない。それで経済は回ってきたのに。

何をやってるのかなぁ。自縄自縛の今の状態を、早く解いて欲しい。

6919c. 次は指定感染症外し