6851y. 突然ですが自己紹介

最近では、コロナ関連と三宅(来夢)関連で出来ている私のブログを、急に読み始めた人が混乱するのも、無理はないのかもしれません。

少なくとも余命と私は別人ですし、私は余命になりすました覚えもありません。

悪魔の提唱者@6CLW77Y102余命三年時事日記ブログの矛盾を検証するブログを書いていたら、「外患誘致罪」で告発(←地検では不受理ですが)されました。嘘のような本当の話を綴っています。無言フォロー失礼します。

これがツイッターのプロフです。

記事の下に毎回出る、プロフもありますし、「はじめに」にも成り行きを書いてあります。

このブログについて

はじめに

41.ご挨拶を読む

余命三年時事日記は現在「余命リターンズ」として3代目余命と名乗る老人が書いているブログです。

https://yomeireturns.wixsite.com/blog/blog

私は余命スレと呼ばれる2チャンネルハングル板のスレッドのコテハンでした。2016年9月にブログを立ち上げた際に、「余命三年」で検索して出てくるように、「余命三年時事日記考」とタイトルをつけました。

余命三年時事日記の言動を問題視し、「読者の引き剥がし」を目的として作ったブログです。余命読者は、私のブログのことを「悪魔のブログ」と呼びますし、余命三代目は私のことを悪魔君と呼び、目の敵にしています。

目の仇にするあまり、私に対して「刑事告発状」を作るくらいに、私と余命ブログは敵対しています。

最大では2万とも8万とも言われた余命読者は激減し、今ではコアな読者は1000人程度しかいません。信者と呼ばれる「行動派」は100人程度でしょう。

私は弁護士に対する和解を呼びかけ、和解組が不利益を被らないように見張ってきました。和解するタイミングを逃してしまった人には、自分で答弁書を書くか、「共同不法行為論」「賠償金に総額上限がある」で賠償金を安くしてくれるような論旨を展開してくれる「徳永弁護士」「猪野弁護士」を頼るように呼びかけてきました。

また、神原弁護士を「訴える」と反訴を食らうので、やめておくようにとも呼びかけました。

あとは、法廷の成り行きを見守るだけです。裁判の判決が出揃うまで、余命ヲチもお休みです。もう、特に私が何か言っても、信者の行動が変わることはないでしょうから。

私が三宅ヲチにシフトしたのは、三宅さんが余命裁判について「報道」と称して、デマを飛ばすから、訂正・修正を入れるのが忙しくなったからです。

途中から、三宅さんも「会社員」懲戒請求をやらかしていたことに仰天し、三宅さんも「刑事告訴しました」と恫喝して言論封鎖を仕掛けてたことに驚愕し、三宅さんは余命と異なり「言うだけでやってなかった」詐欺だったことに、怒りを覚え、三宅さんの自殺の後は「お前が殺した」と騒ぐ来夢ちゃんたちが、三宅さんの刑事告訴しました事件(5名のブログ)を一切、なかったことにしようとするのに、気持ち悪いと感じて、今に至ります。

このツイートは、5名のライブドアブログを「共有する」ボタンで生成したものです。