6843. 深淵を覗く

(コメントいただきました)

齋藤さ。偽善も程々にしないと。満足か?ってリプ送りまくったの齋藤だよ?

どうでもいいけど明らかに呪ってる側が齋藤らなんだけどね~

「いじめ、差別、ハラスメント、人を追い詰める悪質な嫌がらせ、誹謗中傷、、、。それは著しい人権の侵害で命をもてあそぶ行為」 それって三宅雪子さんとその取り巻き達がやったことですね。その証拠に三宅雪子さんは刑事告訴されて起訴猶予を2回も受け、自分が起こした民事裁判でも差額の賠償金を支払う羽目になった。 さいとうじゅんいちさん、いい加減に気がついてください。

さいとう、お前がまず目覚めよw 三宅さんの命をいとも簡単に軽いものにしちゃった齋藤の罪は重い

「人を呪わば穴二つ」 →これもまさに三宅雪子さんのことですよ。三宅さんは、自分を批判した者達を呪って嘘で陥れようとして、逆に墓穴を掘ったのです。そしてそれに加担したさいとうじゅんいち達は、彼女の墓穴掘りを手伝った。

齊藤さんは三宅さんへの「起訴猶予」が、「三宅さんから自立さんへの名誉毀損の事実は検察も認定した」って意味だとは、今でもわからないようです。

それに、5名プラス2名に対する「刑事告訴しました」詐欺が、どれだけの「呪い」なのかも、理解できてない。

あれを「許す」ことにして沈黙を守ってあげている5名の「情け」を知らぬ。

情けない男だと私は思います。

何よりも情けないのは、「引用のスクショ」から相手の名前を削った引用しかできない点ですね。

残り2つのスクショに対応するツイートは、検索しても見つからなかった

人を批判する時には、曖昧ではなく、きっちりと特定して対峙する。

そんな根性もない人は、まさに「人を呪わば穴2つ」の状態だと思います。自分の側に正当性があると信じてないってことです。逃げの姿勢が有り有りと感じられるからね。

三宅さんが入水自殺で終わったのも、狂言自殺で何度も芝浦埠頭を出してたからだと思う。自らの命を軽んじ、弄んだ結果だと私は思います。

そう、まさに、人を呪わば穴2つだった実例が三宅さんだと思う。

誰か、途中で、そうなるからやめろと、取り巻きが彼女に対して忠告すべきだった。

私は菅野完のいう「病院へ連れていく」のは家族がやるべきことだったと思います。でも、5名プラス2名に対する「刑事告訴」を煽った誰かは、三宅さんの死の遠因を作ったと思うし、何よりも「狂言」をやらかした三宅さんを誰も諌めることがなかったのは命を軽んじていたと私は思います。