6745c. 岩田健太郎氏

(コメントいただきました)

ダイアモンドプリンセス国に乗り込んで、センセーショナルな登場をした、岩田医師。同業からは、「コミュ性」や「かつては”希望の星”」とか言われ、一般人には「キワモノ扱い」され、ワイドショーに調子良く使われたイワケン先生。
このインタビュー記事で、少しは名誉回復できるかな?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200312-00335971-toyo-bus_all
この人は専門家としてはセイロンを言っているけど、過去のツイ発言や、周囲との協調性の無さで、現場向きじゃあないですね。イワケン先生の記事が出た数時間後に、BSフジで、日医会長とヒゲ隊長のゲストで、日本版CDCの提言が出た事は良かった。  日医会長の発言、「インフルエンザ検査止めて」を明日のモーニングショーで玉川と岡田様がネタ披露するのは予想できる。明日もヒゲ隊長、何処かの番組出ないかなー

(以上、ありがとうございました)

日本版CDCを作れって言って、何が生じるかと言えば、元からあった感染研の予算をさらに削って、新しいものに付け替えるだけです。

私は反対ですね。CDCがどれだけ機能してるか?非常事態宣言を次々と出してるアメリカを見たら、わかる。CDCだけあっても駄目なんですよ。

岩田先生のように「出羽守」をやってれば済む人と、最初から最後まで責任を持って行動し指揮しなければならない責任ある人とでは、違う。日本でCDCを作っても、アメリカのように「常に世界に有事を求めて行く」ことができないから、普段は「無駄だ」と言われて経費削減されて、いざ有事になった時点では、もはや「徒手空拳」「B29に竹槍」の状態になるだけ。

感染研のように普段から細々と研究とサーベイランスとやって組織を維持することが、CDCとして独立されたら、どちらも潰れてしまって元も子も無くなります。

本気でCDCが欲しかったら100年に1度のパンデミックのために、予算(人員)をつけ続けて、人を抱えて、機器を老朽化しないように更新して、と、莫大な「無駄」を覚悟する必要がある。

そしていざ有事となったら、政治家(野党)も、官僚も、与党の視察大好きおじさんも全員、CDC(専門家)の言うことを黙って聞く覚悟があるか?権限の委譲なんて、できやしない。

だから、日本ではCDCは機能しません。作っても無駄です。

(CDCは世界の途上国にスポット的に出向いて行って、圧倒的なお金の力で大きな顔をするのには向いているが、アメリカ国内はカバーしきれていないのが現状です。)